複数の借入を一本化できるおまとめローンの審査に通りやすい人はどんな人?

複数の借入をひとつにまとめることができるおまとめローンですが、当然ながら利用をするためには審査に通る必要があります。しかし、複数のローンを一本化するといった関係から、おまとめローンで借入を受ける金額はどうしても高額になりがちです。

 

また、おまとめローンのサービスを提供する側からすれば高額の融資になりますのでその

 

審査についても通常の場合に比べて慎重になる傾向

 

があります。特に注意したいのは、申し込んだ人の職業です。おまとめローンを利用する金融機関や業者にもよりますが、おまとめローンの審査で重視されるのはなんといっても「返済能力」となります。

 

通常のカードローンなどの審査では既存の借入がどれだけあるか、返済は問題なく進んでいるかといった点についての確認が行われますが、おまとめローンの場合は「既に借入を利用している」ことがありきの審査となりますので、そうなると返済能力を判断するのはその人の収入ということになります。

 

気をつけたいのがパートやアルバイトで収入を得ている人の場合です。消費者金融などではパートやアルバイトで収入を得ている人であっても融資を受けることが可能ですが、

 

おまとめローンの場合は「安定した収入」が重視される傾向

 

が強いため、こうした人よりも正社員で働いている人のほうが審査では有利に働くことがあります。また、「既に借入を受けている状況がありき」とはいえ、既存の借入に対する返済実績についてもおまとめローンの審査では全く考慮されないわけではありません。

 

当然ながら融資を行ったお金に対して返済されなければ意味がありませんので、既存の返済実績について問題がないかどうかの確認が行われます。もしも滞納などがあった場合にはそれだけでもおまとめローンの審査では不利になってしまいますのでこうした「実績」についても注意が必要です。

 

おまとめローンの利用はこれまでの自身の借入に対して見直す機会でもありますので、返済計画を含めて改めて考えてみるのも良いかもしれません。

 

最近では専業主婦 カードローンを利用する事も多いと聞きますが先ず専業主婦の場合は複数のカードを所有する事は困難ですからおまとめローンの利用も必然的にできないと云えます。

2014/09/11 08:04:11 |
債務整理のうちでも自己破産と個人再生は多くの財産を失うデメリットがあります。その中でも一番大変なのは持ち家を失ってしまうということです。持ち家の資産価値は大きく、どんな場合でも手元に残せる資産の金額を超えてしまいます。車のように古いものだったから手元に残せたということは決してないのです。そんな持ち家...